ドイツのメルケル首相が29日、18年続けた与党キリスト教民主同盟(CDU)の党首を辞任すると表明した。首相は2021年まで続ける意向だという。「党首」と「首相」を分離するという決断の背景には何があるのか。ケルン大学のクリストフ・ブッターウエッゲ教授に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます