体操の世界選手権の男子団体決勝で、3位となった日本の嫌な流れを断ち切ったのは内村航平だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます