衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)が手がけるプライベートブランド(PB)の「ゾゾスーツ」が、岐路に立っている。採寸専用の無料スーツで、これを着て注文すればぴったりの一着が届くサービスとして話題を集め、ブランドを象徴する商品だったが、前沢友作社長が先月末、無料スーツの配布を縮小する方針を突然発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます