先進諸国が中央銀行に「独立性」を与えたのは近代社会の知恵だった。政治から距離をおいたほうが長期的には通貨の価値を守りやすいからだ。だが最近はどの国でも低成長が続き、より金融緩和を求める声が高まる。中銀への風当たりは厳しくなるばかり。民主主義のもとで中銀はどうあるべきなのか。前日本銀行総裁に聞いた…

無断転載・複製を禁じます