過激派組織「イスラム国」(IS)の性暴力を告発し、今年のノーベル平和賞に選ばれたイラクの少数派ヤジディ教徒、ナディア・ムラド・バセ・タハさん(25)には、同じ被害に遭った多くの同胞がいる。ISが拉致したヤジディ教徒の男女は6千人超に上る。性奴隷とされ、尊厳を砕かれた女性たちは癒えぬ傷を抱えたまま、つらい日々を送っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます