作家の宮本輝さん(71)が自身の父親の半生をモデルに、37年間にわたって書き継いできた自伝的小説「流転の海」シリーズが完結し、最終巻となる第9部『野の春』(新潮社)が刊行された。「父と子」の物語は、膨大な庶民の生老病死を巻き込みながら、人間の宿命とは何かを問いかける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます