全国213万台のうち7万台――。災害の際、清涼飲料を無料で提供できる自動販売機の数だ。東日本大震災以降、自販機は「電気の無駄遣い」などと批判が高まったが、災害時に役立つ方法を模索している。ただ、使い方の理解は広まっておらず、6日で発生から2カ月となる北海道地震では混乱を招いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます