米中間選挙では、6日の投開票日の前に多くの有権者が期日前・不在者投票を済ませた。CNNとデータ会社が6日午前の段階で集計したところ、3300万人にのぼり、2014年中間選挙(2200万人)の1・5倍になった。若者や女性が多く投じており、これも一つの「トランプ効果」のようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます