原子力規制委員会は7日、首都圏にある唯一の商業炉で運転開始から40年を迎える日本原子力発電東海第二原発(茨城県東海村)について、20年間の運転延長を認めた。東日本大震災後に原発の40年超運転が認められるのは4基目で、再稼働に向けた技術的な審査はほぼ終えた。今後は、茨城県と周辺6市村の同意が焦点とな…

無断転載・複製を禁じます