経営不振に陥っているパイオニアは7日、今秋を予定していた再建計画の公表を来年以降に先延ばしすると明らかにした。香港ファンドからの出資受け入れをめぐる交渉が長引いているためという。交渉は詰めの段階で、破談になる可能性は低いとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます