視覚障害者が人とぶつかったり、駅ホームから落ちたりする事故を防ぐための装置の実用化に、群馬パース大大学院の木村朗(あきら)教授(保健学)が取り組んでいる。センサーで人や物の接近を知らせる装置で、低コストで実現の兆しが見えてきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます