浅草寺の北側にある和菓子屋「徳太樓(ろう)」。1903(明治36)年創業。看板商品は、甘さが控えめで、中が透き通って見える薄皮の「きんつば」だ。初代の父は、徳川家と関わりが深かった群馬県の館林藩の江戸詰藩士だった。維新後に商売を始め、花柳界のお土産を作って売ろうと、息子を和菓子屋に奉公に出したのが…

無断転載・複製を禁じます