国の重要文化財で修復工事が進むJR門司港駅(北九州市門司区)の駅舎の一部が10日、オープンした。失われていた屋根飾りが取り付けられ、1929(昭和4)年に増設された正面のひさしが除かれ、大正時代のレトロな趣がよみがえった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます