秋田とロシアの貿易拡大をめざす秋田日ロ協会(佐々木吉和代表)のメンバーが10日、軽トラックでロシア・ウラジオストク市へ出発した。現地で「男鹿しょっつる焼きそば」を振る舞ったり新技術を提案したりして、秋田の食文化や技術を売り込んでいく。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます