2001年9月の米同時多発テロ(ナイン・イレブン)は、米国という超大国のありようを変えたのにとどまらなかった。ショックは日本にも影響を及ぼした。冷戦後のアジアで自らの立ち位置を模索していた日本は、対テロ戦争に打って出た米国に協力する形で、より深く日米安保体制に組み込まれていく。特派員としてその歴史…

無断転載・複製を禁じます