アジア歴訪中のペンス米副大統領は13日、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、中国への対応で日米が緊密に連携することで一致した。ただ、中国との対決姿勢を強める米国と、関係改善を進めたい日本との間には温度差もある。ペンス氏は日米の貿易問題でも「不均衡」だと牽制(けんせい)してみせ、日本側に対応を迫った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます