ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャがバングラデシュに逃れて難民になっている問題で、ミャンマー政府は難民の帰還が近く始まると表明した。しかし、早期の帰還は難しいとの指摘があり、13日にシンガポールで開幕した東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の首脳会議を前に国際的な批判をかわすためではないか…

無断転載・複製を禁じます