難病の患者や家族らが集まり、お茶を飲みながら悩みなどを語り合う「難病カフェ」が、全国に広がりつつある。同じ病気の患者が身近にいない人にとっては、貴重な情報交換の場だ。誰もが暮らしやすい社会を、当事者から提案していくきっかけにしたい、との願いも込められている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます