エボラウイルスによる感染症「エボラ出血熱」の患者発生に備えた訓練が16日、群馬県高崎市等広域消防局と群馬大学医学部付属病院(前橋市)であった。県や市など関係機関による合同訓練。患者役の消防局員を移送用の救急車に乗せ、受け入れ先の群大病院まで実際に運んだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます