1周約5キロ、人口約1900人の観光と漁業の島、愛知県南知多町の日間賀島(ひまかじま)で、ヤギが環境保全のシンボルになっている。除草剤を使わず、伸びてくる草をヤギたちに食べさせ、やぶに埋もれた公園を約20年ぶりに再生。島の人たちはヤギをきっかけに、島の経済を支える海の環境問題にも視野を広げ始めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます