県立岐阜農林高校(北方町)で、産学連携によるイチゴ栽培の実証実験が始まった。企業が開発した技術を使って収穫の長期化や生育の促進などが期待される。収穫したイチゴの加工や流通・販売も手がけて付加価値を付ける6次産業化も視野に入れている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます