千葉県内で朝食を毎日食べている子どもの割合が減少傾向にあることが、文部科学省の2018年度全国学力・学習状況調査でわかった。朝食習慣がある子どもほど同調査の国語や算数の正答率が高く、専門家は家族で朝食を取ることの大切さを訴えている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます