文部科学省が全国81大学の医学部入試を調べている問題で、「医学部入試における女性差別対策弁護団」が20日、不適切な事例が疑われる大学名の公表などを求めて同省に要望書を提出した。角田由紀子弁護士は「受験生の救済のためにも、早急に公表するべきだ」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます