韓国前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(66)が2016年の総選挙で、当時の与党・セヌリ党(現自由韓国党)の公認手続きに違法に介入したとされる事件で、ソウル高裁は21日、朴被告に公職選挙法違反の罪で、一審と同じ懲役2年の実刑判決を言い渡した。朴被告は出廷を拒んでおり、この日も欠席した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます