1991年に45歳で世を去った英バンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの人生を描く映画「ボヘミアン・ラプソディ」がヒット中だ。上映中に歌ったり、手拍子できたりする「応援上映」も100館以上で実施されている。口ずさみやすい有名曲がたくさんあるクイーンだけに、こういう鑑賞スタイルはどんぴしゃりなはず。実際に映画館をのぞいてみると、今どきのヒットの形が垣間見えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます