人工知能(AI)や、あらゆるモノをインターネットでつなぐ「IoT」といった技術を、希少な生物の保護や有害鳥獣の駆除に役立てようという取り組みが始まっている。人が担っていた労力がかかる作業を効率化したり、負担を軽くしたりすることで、調査の充実や駆除の促進などにつなげる試みだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます