静止しているのに、動いて見える。同じ長さの線なのに、それぞれ異なる形状の線を足すことで長さが違って見える。いずれも目の錯覚を利用した「錯視図形」と呼ばれる。人は眼球だけで物を見ているのではなく、目を通じて外界の情報を受けた脳がそう解釈して「見ている」とされる。錯視は机上の研究だけでなく、産業にも生…

無断転載・複製を禁じます