宮内庁と堺市は22日、国内最大の前方後円墳、大山(だいせん)古墳(伝仁徳〈にんとく〉天皇陵、全長486メートル)の堤で進めている共同発掘調査の現場を報道陣や国内16学会の代表者に公開した。列状に並んだ円筒埴輪(えんとうはにわ)と、こぶし大の石を並べた石敷きを確認。宮内庁は5世紀とされる築造時の遺構…

無断転載・複製を禁じます