金融商品取引法違反の疑いで逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者の会長解任を決めた22日の日産自動車の臨時取締役会。20年近く日産を率いたゴーン容疑者の解任を全会一致で決めた会議の内容が、関係者の話で明らかになった。長時間に及んだ取締役会は、ゴーン容疑者の不正に関する内部調査の結果を大株主の仏ルノー出身の取締役に伝える場になっていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます