2020年東京五輪の準備状況を確認するため、来日中の国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と、安倍晋三首相が24日、福島市の野球・ソフトボール会場を訪れた。東日本大震災からの「復興五輪」を改めてアピールする狙いがあったが、被災地の置かれた状況は厳しく、受け止めは複雑だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます