丸木位里(いり)・俊(とし)夫妻が描いた反戦・反核の象徴として知られる「原爆の図」を、国際的な評価と人気を得ている現代美術家の視点から読み解くと、何が見えてくるのか。物憂げな表情を浮かべた子どもの絵などで知られる、画家で彫刻家の奈良美智(よしとも)さん(58)が原爆の図について語る催しが18日、広島市中区の広島平和記念資料館であった。奈良さんの事務所によると、奈良さんが原爆の図について講演するのは初めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます