フランス各地で24日、マクロン政権による燃料税の引き上げに反対する大規模なデモが行われた。内務省によると、10万人以上が参加した。8千人が加わったパリでは一部が暴徒化し、シャンゼリゼ通りで車両に火をつけたり、バリケードを築いたりするなどした。催涙ガスなどで応じた警察と衝突し、全国で130人が拘束された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます