11月16日~19日まで、京都で開催された国際小児がん学会「SIOP(シオップ)」の学術集会に参加してきました。1969年にスペインのマドリードで立ち上がった研究グループが始まりです。1回目の学術集会は71年にドイツのマインツで開催され、このときの参加者数は120人、18カ国だったそうです。今回の50周年記念集会では110カ国、2500人が参加しました。集会で感じた課題や問題点を報告します。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます