捨てられる植物の茎を、紙として商品化できないか――。紙産業が盛んな愛媛県で多年草「バショウ」の茎を使った「芭蕉(ばしょう)和紙」の研究が進んでいる。中心となっているのは、愛媛大学社会共創学部産業イノベーション学科の「紙産業コース」の学生だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます