三重県伊勢市で今年4月、路線バスが石灯籠(いしどうろう)に接触し、弾みで落ちた石が当たった男性が死亡した事故を受け、石灯籠の撤去を進めてきた国や県、市は27日、伊勢神宮周辺の沿道などにあった計520基の撤去を29日に終えると発表した。最後まで残っていた内宮近くの2基が同日、撤去される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます