ゲノム編集技術で受精卵の遺伝子を改変し、HIV(エイズウイルス)にかかりにくい体質の双子を誕生させたと主張する中国・南方科技大の賀建奎副教授が28日、香港で開かれているゲノム編集の国際会議で研究内容を説明した。会議には、真偽を確かめようと200人を超える記者らが詰めかけた。渦中の存在となった賀氏とは、どんな人物なのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます