昭和の終わりごろ、幼かった記者は、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のエンディングテーマの背景に映し出される妖怪画が恐ろしすぎて、しばらく夜に一人でトイレに行けなくなった。怖い物見たさから鬼太郎のファンになって31年。夜の水木しげるロードは、期待した以上に新鮮で、どこか懐かしかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます