役員報酬を過少記載したとして逮捕された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)に、同社の海外子会社を通じて購入した住宅が提供されていた問題で、日産を担当する監査法人が、子会社の活動実態が不透明だと指摘していたことがわかった。日産側は「問題ない」などと回答していたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます