道明和尚は、父の遺骨を、納骨堂ではなく本堂に移し、ご本尊さまの前で読経をしてくれた。長いお経だった。お経の長短で供養の差がつくとは思わないが、せっかく生前の父とゆかりのある人たちが参列してくれたのだから……と、和尚は考えてくれたのかもしれない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます