産業革新投資機構(JIC)が導入をめざす高額の役員報酬をめぐり、経済産業省とJIC経営陣との前代未聞の対立が明らかになった。経産省は田中正明社長ら経営陣の解任も辞さない構えだが、JICの設立や経営陣の人選を主導したのは経産省自身だ。水面下でいったんは高額報酬を認めたのに、白紙撤回していた経緯も判明。経産省の責任も厳しく問われそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます