栃木県内にある中小の食品会社9社が3日、新たな特産品を統一ブランドで商品化する「とちぎ食のブランド発掘協同組合――栃の味(み)プロジェクト」を創立。第一弾として、大谷石の石室(いしむろ)を活用した食品を製造販売すると発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます