腫れや痛みのもとになる物質にくっつく「受容体」の立体構造を、関西医科大などのチームが世界で初めて明らかにした。広く使われている鎮痛薬「アスピリン」の効果を高め、弱点を補う、「スーパー・アスピリン」の開発につながる可能性があるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます