カナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(86)は、ノーベル平和賞を昨年12月に受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」とともに活動し、各地で原爆の非人道性を訴えてきた。里帰りした広島で朝日新聞のインタビューに応じ、「核なき世界」に向けて一人ひとりができることについて、思いを語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます