京都府で最も小さな自治体の大山崎(おおやまざき)町で、新町長が5日に就任した。10月の町長選で自民、立憲、国民、公明の4党が相乗りで推薦した現職候補を破ったのは、共産党が支持した新顔だった。現職候補が圧倒的に有利と見られていたこの町で、何が起きたのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます