気候変動による危険を感じだした住民が、温暖化対策の強化を求めて国や企業を訴える裁判が、世界で1400件以上も起きている。日本でも温暖化や大気汚染の元凶とされる石炭火力発電の新設をめぐって2件の訴訟が提起された。勝訴はまだ少ないが、公害やたばこに反対した訴訟のように社会に変化をもたらすかもしれない…

無断転載・複製を禁じます