ゲノム編集技術で人間の受精卵の遺伝子を操作し、双子が生まれたと中国の研究者が発表したことを受けて、6日の参院厚生労働委員会で、国内での規制をめぐる質疑があった。受精卵などへの臨床応用を法律で禁止するよう求めたのに対し、根本匠厚労相は、従来の方針通り、研究指針で規制する考えを示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます