スウェーデンの通信機器大手エリクソンは6日、ソフトバンクなどの世界の複数の通信事業者で起きた通信障害について、自社製の設備のソフトウェアが原因だとする初期段階の調査結果を発表した。不具合があった設備に認証期限が切れたソフトがインストールされていたとみられるといい、ソフトの廃棄処理を進めているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます