6日(日本時間7日)にカナダ・バンクーバーで開幕したフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子ショートプログラム(SP)で、シニア1年目の16歳、紀平梨花(関大ク)が今季世界最高得点の82・51点で首位に立った。報道陣との主なやりとりは次の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます