埼玉スタジアムで9日にあった第98回天皇杯全日本サッカー選手権決勝で、浦和レッズはベガルタ仙台を1―0で破り、12大会ぶりの優勝を果たすとともに、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)への出場権を獲得した。気温6度と冷え込む中、集まった約5万人のサポーターは息詰まる接戦に熱く燃えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます