日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が役員報酬を過少記載したとして逮捕された事件で、報酬に関する合意文書には、退任後の支払いにして隠したとされる分について「postponed compensation」(延期報酬)という趣旨の記載があったことが、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、退任後の支払いを確約する証拠とみているが、前会長側は「受け取りは確定していない」と完全否定している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます